小山町トップ / 産業・まちづくり / 公共交通 / スマートIC導入への取り組み / (仮称)足柄スマートIC地区協議会

産業・まちづくり

(仮称)足柄スマートIC地区協議会

正式名称が「足柄スマートインターチェンジ」に決定しました 

 E1東名高速道路、足柄サービスエリア(上下線)に接続するスマートインターチェンジの正式名称が「足柄スマートインターチェンジ」に決定しました。

 本スマートインターチェンジは、サービスエリア接続型であり、既存のサービスエリアに設置される出入口であることが明確に判別可能な名称とする必要があり、当該サービスエリアの名称を用いた正式名称としました。 

file足柄スマートIC位置図.pdf

上り線イメージ.jpg

(足柄サービスエリア上り線側 スマートインターチェンジ完成イメージ)

下り線イメージ.jpg

(足柄サービスエリア下り線側 スマートインターチェンジ完成イメージ)

(仮称)足柄スマートインターチェンジ 地区協議会の概要

 町では、東名高速道路の大井松田IC~御殿場IC間、足柄サービスエリアへスマートインターチェンジを設置するにあたり、平成28年5月18日、スマートインターチェンジ制度実施要綱に基づき、国土交通省、静岡県、静岡県警察、中日本高速道路(株)、御殿場市、小山町等で構成する地区協議会を設置しました。

 第1回地区協議会において、連結許可申請に向けた『(仮称)足柄スマートインターチェンジ実施計画書』が承認されました。

目的

 地区協議会は、当該スマートインターチェンジの設置にあたり、必要な検討・調整を行うとともに、スマートインターチェンジの安全かつ円滑な設置及び管理・運営に協力し、当該スマートインターチェンジ供用後も継続して、その社会便益・安全性・利用交通量・管理・運営形態等について、定期的にフォローアップすることを目的とします。

第2回(仮称)足柄スマートインターチェンジ地区協議会

 スマートインターチェンジ名称原案を決定し、案内標識の設置検討や事業進捗状況を報告しました。

  1. 日時  平成29年11月28日(火) 15:00~15:40
  2. 会場  小山町総合文化会館 菜の花ホール
  3. 会議資料

第1回(仮称)足柄スマートインターチェンジ地区協議会

 (仮称)足柄スマートインターチェンジ地区協議会が設立され、『(仮称)足柄スマートインターチェンジ実施計画書』が承認されました。

  1. 日時  平成28年5月18日(水) 16:30~17:15
  2. 会場  小山町健康福祉会館 多目的ホール
  3. 会議資料

会議写真.JPG

(写真)地区協議会で挨拶する会長の込山正秀 小山町長

 東名高速道路(仮称)足柄スマートインターチェンジの連結許可書が伝達されました 

 平成28年6月6日、国土交通大臣から、東名高速道路(足柄サービスエリア)と小山町道との連結が許可されました。6月14日には、沼津河川国道事務所長から小山町長へ「(仮称)足柄スマートインターチェンジ連結許可書」が伝達されました(写真)。平成31年3月開通を目標に、国、町が一丸となって取り組みを進めます。

足柄SIC連結許可伝達.JPG

問い合わせ先

未来創造部 未来拠点課

電話 0550-76-6129