小山町トップ / 産業・まちづくり / 有害鳥獣捕獲従事者育成支援補助金

産業・まちづくり

有害鳥獣捕獲従事者育成支援補助金

小山町では有害鳥獣による農作物被害、人的被害に対応するため、有害鳥獣捕獲従事者を育成支援する制度「小山町有害鳥獣捕獲従事者育成支援補助制度」を創設し平成25年12月13日に施行しました。

これは、有害鳥獣による被害を減らすことを目的に有害鳥獣捕獲従事者を増やすため、狩猟免許の取得等に最大10万円の助成をする制度です。

有害鳥獣による被害状況(平成24年度) 

  • 被害面積  4.1ha(4町歩1反)
  • 被害金額  264万円  

有害鳥獣捕獲実績(平成24年度) 

  • シカ 80頭
  • イノシシ 66頭
  • ウソ 80羽

内容

1.補助対象者(次のいずれにも該当)

  • 町内に住所を有する者
  • 駿東猟友会小山支部に入会し、有害鳥獣捕獲従事者として3年以上継続的に活動する者
  • 新たに狩猟免許を取得した者 
  • 町税に滞納のない者  

2.補助対象となる経費

  • 狩猟免許試験予備講習会受講料 
  • 狩猟免許申請手数料
  • 猟銃等の講習会受講料   

など、狩猟免許取得に係る費用の全額(ただし、10万円を上限とする)
この補助金を利用していただき是非、小山町の有害鳥獣捕獲業務に御協力をお願いします。
詳しくはこちらをご覧ください。

file小山町狩猟免許取得補助金要綱.pdf

※補助金のことやその他鳥獣による被害等がございましたら御相談ください。

問い合わせ

農林課 林業班
電話 0550-76-6112