小山町トップ / くらし・環境 / 災害に備えて / 住宅の耐震対策を進めましょう【TOUKAI-0】 / 【木造住宅の補強計画作成費用を補助します(木造住宅補強計画策定事業)】

くらし・環境

【木造住宅の補強計画作成費用を補助します(木造住宅補強計画策定事業)】

≪概 要≫

耐震診断の結果、耐震性が低い(耐震評点1.0未満)と判定された住宅にどのような補強を行うかを検討する補強計画の作成に対して補助金が受けられます。

「補強計画」とは詳細な現地調査により建物の現状を正確に把握し、どのような補強を行い、建物をどの程度強くするかを検討する作業で、資格を持った建築士事務所が行います。

≪対象住宅≫ 

  • 昭和56年(1981年)5月31日以前に建築された木造住宅(在来軸組工法)
  • 一戸建てのほか、長屋や共同住宅も対象となります。
  • 併用住宅は、建物全体の半分以上が住宅として使われていれば対象となります。
  • 建物の一部が木造以外の場合は、対象とならないことがあります。

≪補助対象≫ 

  • 耐震評点を1.0以上、かつ0.3ポイント以上向上する耐震補強計画の作成に要する費用
  • 新工法を採用する等、上記と同等以上の効果が認められる補強計画の作成に要する費用

≪補助金額(率)≫

  • 補強計画の作成に要する費用の3分の2以内(費用が144,000円を超える場合は96,000円)
  • 高齢者のみが居住する住宅等については、補強計画の作成に要する費用の3分の3以内(費用が144,000円を超える場合は144,000円) 

≪要 綱≫

≪各種様式≫

≪備 考≫ 

  • 建築士事務所と契約する前に、必ず補助金の申請をしてください。契約後及び着手後に補助金申請をしても補助は受けられませんのでご注意ください。
  • この補助を利用するには、静岡県耐震診断補強相談士の資格を持った 建築士のいる建築士事務所に業務を依頼する必要があります。

問い合わせ先

都市整備課

電話:0550-76-6104