小山町トップ / くらし・環境 / 届出・証明 / 転出届 / 本人確認書類

くらし・環境

本人確認書類

戸籍や住民票の証明や届出に「本人確認書類」が必要になります

 平成20年5月1日から、戸籍の届出や証明、住所の異動や住民票の請求に際して、本人であることを証明する書類が必要になります。

 戸籍は、出生・結婚・死亡などが記載される大切なものです。当事者が知らないうちに虚偽の届出をされ、戸籍に真実でない記載がされないようにしなければなりません。このため、戸籍や住民票に関係した証明や届出の際に本人確認をより厳格にし、真偽の判断を適正なものにするために住民基本台帳法と戸籍法が一部改正されました。

本人を確認する書類

運転免許証、パスポート、写真付きの住民基本台帳カードなど、官公庁発行の写真付き身分証明書を1点提示してもらうことで本人であるか確認をします。
健康保険証、介護保険被保険者証、年金手帳など公的な機関が発行した写真無しの証明書の場合は2点提示してもらうことで本人であるか確認します。

窓口では

内容届出人平成20年5月1日~
戸籍・除籍の請求本人の申請本人確認書類の提示による本人確認
同一戸籍の方の申請本人確認書類の提示による本人確認
代理人の申請委任状の提出と、代理人の本人確認書類による本人確認
戸籍の届出婚姻、離婚、養子縁組・離縁、認知法律で本人確認書類の提示による本人確認が義務付けられました
その他取り扱いに変更はありません
住民票の請求本人の申請本人確認書類の提示による本人確認
同一世帯の方の申請本人確認書類の提示による本人確認
代理人及び非同居者の申請委任状の提出と、代理人の本人確認書類による本人確認
住民異動の届出 法律で本人確認書類の提示による本人確認が義務付けられました

問い合わせ

住民福祉課
電話 0550-76-6101