小山町トップ / くらし・環境 / 災害に備えて / 土砂災害ハザードマップを公表します

くらし・環境

土砂災害ハザードマップを公表します

   町は土砂災害防止法に基づき、土砂災害に関する情報の伝達方法、急傾斜地の崩壊等のおそれがある場合における避難施設に関する事項、その他警戒区域内における円滑な警戒避難を確保する上で必要な事項を地元住民に周知させることを目的に、土砂災害警戒区域及び特別警戒区域に指定されている区域の土砂災害ハザードマップを作成しました。

  小山町は現在、土石流47箇所、急傾斜地57箇所、計104箇所が土砂災害警戒区域及び特別警戒区域に指定されておりますが、平成26年度は成美地区を対象とし、土石流33箇所、急傾斜地38箇所、計71箇所の土砂災害ハザードマップを作成し、成美地区11地区に全戸配布しました。 

 平成27年度には、明倫地区(土石流2箇所、急傾斜地8箇所)、足柄地区(土石流10箇所、急傾斜地10箇所)、北郷地区(土石流2箇所、急傾斜地1箇所)についても、同様に土砂災害ハザードマップを作成し、該当地区(明倫地区のうち茅沼区と菅沼区、足柄地区全5区、北郷地区のうち用沢区と上野区)へ全戸配布しました。

  なお、須走地区については指定の土砂災害警戒区域及び特別警戒区域はありません。   

 お問い合わせ

建設課 電話 0550-76-6115