くらし・環境

高額療養費

高額療養費の給付

国民健康保険の被保険者が高額な医療費を支払ったときは、限度額を超えた分が高額療養費として支給されます。なお、支給対象の方には、診療月の2か月遅れで支給申請書を送付しています。

高額療養費の支給について

高額療養費に該当する場合は、医療費(入院時の食事負担や差額ベッドなど保険診療以外の費用は対象外)が①80,100円(住民税非課税世帯は35,400円・上位所得者は150,000円※)を超えた場合に医療費から①を引いた額を支給します。

※上位所得者とは、国保税の算定基礎となる基礎控除後の総所得などが600万円をこえる世帯。
例)医療費150,000円-国が定めた基準額①80,100円=支給額69,900円

計算方法

  • 被保険者1人ずつ計算
  • 月の1日から末日までで計算
  • 医療機関ごとに別々に計算
  • 入院と外来別に計算

また、同一世帯で同一月に21,000円(住民税非課税世帯も同額)以上の自己負担額が2回以上あった場合で合計額が80,100円(住民税非課税世帯は35,400円・上位所得者は150,000円)を超えた場合についても該当します。

※同一世帯でその月より前12か月間に4回以上の高額療養費の支給を受ける場合は、4回目からは44,400円(住民税非課税世帯は24,600円・上位所得者は83,400円)以上の自己負担をしたときに該当するようになります。

手続きに必要なもの

  1. 印鑑(朱肉を使うもの)
  2. 領収書

※老人保健法による医療を受けられている方は該当しません。
※国で定めた基準額は改正により変わってきます。

問い合わせ

住民福祉課
電話 0550-76-6100