小山町トップ / くらし・環境 / 国保・年金 / 配偶者の扶養からはずれたとき

くらし・環境

配偶者の扶養からはずれたとき

厚生年金や共済組合の被保険者の被扶養配偶者でなくなったとき、または配偶者が退職、65歳に到達若しくは離婚、死亡された場合は、種別変更の手続きが必要となります。
就職して第2号被保険者となる場合は、勤務先が届出をおこないますが、国民年金(第1号被保険者)に加入する場合は、手続きが必要です。

手続きに必要なもの

  1. 年金手帳
  2. 配偶者の扶養を喪失した日を証明できる書類(脱退連絡票または離職票等)
  3. 印鑑

届出先

住民課 国保年金スタッフ・各支所

問い合わせ

沼津年金事務所
電話 055-921-2207

住民福祉課
電話 0550-76-6100