小山町トップ / くらし・環境 /  / 公的年金からの徴収制度

くらし・環境

公的年金からの徴収制度

公的年金からの町民税県民税(個人住民税)の特別徴収(引き落とし)について

対象となる方は?

4月1日現在65歳以上で、老齢基礎年金または昭和60年以前の制度による老齢年金、退職年金等を受給され、またすでに介護保険料が年金から引き落としされていて、かつ前年中の年金所得に係る町県民税の納税義務のある方です。ただし、障害年金や遺族年金などの非課税の年金は対象となりません。 

対象となる税額は?

引き落としされるのは、公的年金に係る所得の金額から計算した町県民税額です。給与所得や事業所得などの金額から計算した町県民税額は、今までどおりの方法で納めていただきます。

納付の方法は? 

(例)町県民税の年税額が6万円(年金所得のみ)の場合

〈これまでの納め方〉

 納付書または口座振替(普通徴収)
6月8月10月1月
税額1万5千円1万5千円1万5千円1万5千円
算出方法1/41/41/41/4

〈4月1日現在65歳以上で新たに対象となる方の納め方〉

 納付書または口座振替
(普通徴収)
年金から引き落とし
(特別徴収)
6月8月10月12月2月
税額1万5千円1万5千円1万円1万円1万円
算出方法1/41/41/61/61/6

※年税額の半分については、今までどおり6月と8月に普通徴収(納付書または口座振替により支払う方法)により納めていただきます。10月から翌年の8月までは、年税額の1/6ずつを引き落とします。

公的年金1.gif
 

〈新たに対象となる方の翌年度の納め方〉 

 年金から引き落とし(特別徴収)
4月6月8月10月12月2月
税額1万円1万円1万円1万円1万円1万円
算出方法※前年度2月と同じ額年税額の残りの1/3ずつ

年金からの引き落とし額等については、毎年6月に送付される納税通知をご確認ください。

なお。この制度は、町県民税のお支払の方法が変わるものであり、これにより新たな負担は生じません。

※【4月1日現在65歳以上の年金受給者の方で、お勤めの方へ】※

年金からの特別徴収制度により、年金所得に係る町県民税額について、給与からの引き落とし(特別徴収)に合算することができないため、納付書等でご本人様に納めていただく方法(普通徴収)となりますので、ご注意ください。

問い合わせ

税務課
電話 0550-76-6102