小山町トップ / 健康・福祉・教育 / 健康・福祉・介護 / こども医療費助成制度

健康・福祉・教育

こども医療費助成制度

町内に住所のある中学生以下の入院・通院にかかる医療費の自己負担分を全額助成します。

この事業には、国からの補助を受けている特定防衛施設周辺整備調整交付金基金が活用されています。

対 象

健康保険に加入している未就学児、小学生、中学生。

ただし、町の重度障害者医療費助成制度、母子家庭等医療費助成制度などに該当する方、および生活保護を受けている方は、それぞれの制度で助成するため、この医療費助成の対象にはなりません。

助成内容

入院および通院にかかる医療費の自己負担分(健康保険から支給される高額療養費、家族療養付加給付金を除く)と入院時食事療養標準負担額

ただし、交通事故による医療費や入院証明料、差額室料など、助成の対象にならないものもあります。 

手続きのしかた

助成を受けるには、こども医療費受給者証が必要です。

健康増進課または最寄の支所で交付申請を受け付けます。

交付申請に必要なもの

  1. 対象のこどもの健康保険証
  2. こども・保護者・主たる生計維持者の個人番号(マイナンバー)がわかるもの
  3. 印鑑
  4. 所得証明書、源泉徴収票、または所得を証明する書類
    ※主たる生計維持者が小山町に住所を有しない方
    ※申請日の属する年の1月1日現在、小山町に住民登録のない方(転入された方)

 届出した事項に変更が生じた場合には、速やかに変更届を提出してください。

医療機関にかかるとき

静岡県内の医療機関等では、保険証と一緒に受給者証を提示してください。(一部、受給者証が使用できない医療機関があります)
保険診療分については自己負担はありません。

※県内でも受給者証が使用できない医療機関がありますので、その場合は下記の手続きをしてください

次の内容により医療費を支払ったときは…

次のように自己負担を支払った場合には、町に申請して助成を受けることができます。

健康増進課または最寄の支所で助成申請を受け付けます。

  • 受給者証を提示することができなかったとき
  • 県外または受給者証を使用できない医療機関を受診したとき
  • 身体障害児育成医療、小児慢性特定疾患事業等の公費負担医療の自己負担金
  • 補装具を作成したとき
  • 保険給付に準じて行われる鍼灸師の施術を受けたとき

助成申請に必要なもの

  1. 医療機関の領収書
  2. こども医療費受給者証
  3. 対象のこどもの健康保険証
  4. 印鑑
  5. 振込先の口座がわかるもの(通帳等)
  6. 他の助成制度等で給付を受けた場合、その決定通知書

問い合わせ

健康増進課
電話 0550-76-6668