小山町トップ / 健康・福祉・教育 / 健康・福祉・介護 / 重度障害児(者)医療費助成制度

健康・福祉・教育

重度障害児(者)医療費助成制度

重度障害児(者)の医療費(保険診療分)から、高額療養費や附加給付など、他で支給される額を除いた額を助成します。

ただし、本人や家族の所得により対象とならない場合があります。

対象者

  1. 身体障害者手帳1・2級の方
  2. 療育手帳A判定の方
  3. 特別児童扶養手当1級の受給対象児
  4. 内部障害3級の身体障害者手帳を持つ方(助成対象は当該障害にかかる医療費のみ)
  5. 精神障害者保健福祉手帳1級を持つ方   

手続

助成を受けるには、重度障害児(者)医療費受給者証が必要です。
福祉課で申請手続きをしてください。

申請に必要なもの

  1. 障害手帳(身体障害者手帳・療育手帳)
  2. 保険証(後期高齢者・医療保険証も含む。)
  3. 預金通帳(ゆうちょ銀行は不可)
  4. 印鑑     
  5. 付加給付内容証明書(国民健康保険・政府管掌健康保険(社会保険事務所)後期高齢者医療制度加入の方は不用)

医療機関にかかるとき

県内の医療機関では受診の際に「健康保険証」と「重度障害者(児)医療費助成受給者証」を必ず提示してください。受診後、概ね3ヵ月後に助成金が指定口座に振り込まれます。高額療養費に該当するときは、その払い戻し後となります。

県外の医療機関で受診した場合「助成金支給申請書」に領収書を添付するか、領収書がレシートの場合は、「助成金支給申請書」に各医療機関で証明をしていただき申請してください。(請求書は月別、医療機関別、入院・外来別にしてください。)

問い合わせ

住民福祉課 電話0550‐76‐6661