小山町トップ / 健康・福祉・教育 / 健康・福祉・介護 / HPVワクチン接種 定期接種

HPVワクチン接種 定期接種

子宮頸がんとは

子宮頸がんは、子宮の頸部という子宮の出口に近い部分にできるがんです。

HPV(ヒトパピローマウイルス)の感染症が原因とされています。

感染は、主に性的接触によって起こり、女性の多くが一生に一度は感染するといわれています。

HPVワクチンの効果とリスク

・HPVワクチンは、HPVの感染を予防します。また、子宮頸がんを予防する効果があることも分かってきています。公費で受けられるHPVワクチンは、子宮頸がんの原因の50~70%を防ぎます。

・接種後は、接種部位の痛みや腫れ、赤みなどが起こることがあります。まれに、重いアレルギー症状がおこることがあります。

厚生労働省ヒトパピローマウイルス感染症(外部リンク)

定期接種(無料)

定期接種の対象者には予診票・説明書等を送付いたします。

対象者

平成18年4月2日~平成22年4月1日生まれの女子

実施時期

通年

接種回数

6か月の間に3回

お問い合わせ

健康増進課 

電話:0550-76-6668