小山町トップ / 健康・福祉・教育 / 健康・福祉・介護 / HPVワクチン接種 費用助成

HPVワクチン接種 費用助成

定期接種を対象年齢を過ぎてヒトパピローマウイルス感染症に係る任意接種を受けた方に助成を行います。

対象者

定期接種の機会を逃した平成9年4月2日~平成17年4月1日生まれの女子

助成(償還払い)の条件

①令和4年4月1日時点で小山町に住民登録があること

②16歳となる日の属する年度の末日までにヒトパピローマウイルス感染症に係る定期接種において3回の接種を完了していないこと

③17歳となる日の属する年度の初日から令和3年度の末日までに日本国内の医療機関で組換え沈降2価HPVワクチン又は組換え沈降4価HPVワクチンの任意接種を受け、実費負担したこと

④償還払いを受けようとする接種回数分について、キャッチアップ接種を受けていないこと

申請方法

下記書類3点を健康増進課にご提出ください。

①小山町ヒトパピローマウイルス感染症に係る任意接種償還払い申請書file様式第1号(第4条関係).pdf

②実費を支払った事実、その額及び接種回数を証明できる書類(原本)

③接種記録が確認できる母子手帳、予防接種済証又は接種済みの記載のある予診票(写し)

 ※上記③について、添付することができない場合は接種を受けた医療機関にfile様式第2号(第4条関係).pdfを提出し、証明を受けてください。

申請期限

令和7年3月末日

お問い合わせ

健康増進課

住所:小山町小山75-7

電話:0550-76-6668