小山町トップ / 町政情報 / 町長室 / 晴れ晴れ(町長のエッセイ) / 令和3年を振り返って

令和3年を振り返って

 本年も残すところ1カ月となりました。昨年に引き続き、新型コロナウイルスに翻弄された1年であった気がします。
 そんな中でしたが、1年延期となった東京オリンピックパラリンピックが開催され、本町では聖火リレーが豊門公園から健康福祉会館というコースで行われた後、自転車競技ロードが、7月24日から町内道路や富士スピードウエイで、9月1日からはパラリンピックの自転車競技ロードも行われ、多くの町民や企業の皆様にボランティアとしてご協力いただき、無事終了することができました。厚くお礼申し上げます。
 また、8月6日に北海道で行われた陸上競技50km競歩で、須走出身の川野選手が見事6位に入賞しました。本大会の記憶は、町民の皆様の心に深く刻まれたものと思います。 
 新型コロナワクチン接種については、医師や看護師、婦人会等のご協力により、「チームおやま」体制が確立されてスムーズに接種が進み、10月末には集団接種を完了することができました。
 今、住民や団体、企業等との協働体制による行政執行が求められています。色々なことがあった令和3年でしたが、皆様には広範な場面で積極的にご協力をいただき、無事年末を迎えることができましたことにつきまして、改めて厚くお礼申し上げます。
 迎える令和4年も、皆様にとって素晴らしい年でありますことをお祈り申し上げます。