小山町トップ / 町政情報 / 町長室 / 晴れ晴れ(町長のエッセイ) / 晴れやかな表情に思う

晴れやかな表情に思う

 桜の花も散り始めた先月初めに、町内各学校の入学式が行われ、私は成美小学校と小山中学校、そして県立小山高校定時制の式に出席しました。
 入学した生徒等の人数は、成美小学校20人、小山中学校72人、小山高校定時制が9人でした。成美小学校と小山中学校は、大分昔の話になりますが、私が入学、そして卒業した学校であり、小山中学校では、懐かしい校歌を生徒と一緒に歌いました。小山高校定時制は、昼間働きながら、夜間は高校で授業を受け、部活動等もやりながら4年間通います。頑張って卒業して欲しいと思います。
 次代を担う子どもたちを健全に育成することは、行政の大きな使命です。子どもたちは、日本の宝、町の宝でもあります。学びやすい教育環境を整えるとともに、地域と連携しつつ、社会全体で支えていかなければなりません。
 また、富士学校で自衛官候補生48人の入隊式もあり、出席しました。自衛隊の皆様には、一昨年10月の台風19号による豪雨災害の際にも、いち早く駆けつけてくれ、施設に流れ込んだ土砂の除去作業や町民の避難援助等していただきました。日本を取り巻く安全保障環境も厳しい局面であり、加えて昨今、異常気象が続いている中、自衛隊に対する国民の期待は高まっています。入隊された皆様が立派な自衛官となり、ご活躍されることを期待します。