小山町トップ / 町政情報 / 町長室 / 晴れ晴れ(町長のエッセイ) / 引き続きの感染予防を

引き続きの感染予防を

 世界では、1918年から1920年頃にかけてスペイン風邪が大流行して6億人以上が感染し、4000万人以上が死亡した、といわれています。
 その後、エボラ出血熱やエイズ、最近では、SARS、MERSなどが流行し、多くの方が感染、死亡したという歴史があります。
 今回の新型コロナウイルスは、一昨年12月に、中国の湖北省武漢で最初に感染・発症が確認され、中国からヨーロッパ、そして、一挙に世界中に感染が拡大しました。
 日本においては、昨年2月に、横浜港に寄港したイギリスの豪華客船「ダイヤモンド・プリンセス号」で感染者が確認されて大ニュースとなり、外国から帰国する日本人に、チャーター機を手配するなど、日本国内への感染拡大阻止を図りましたが、結局現在に至っています。
 町民の皆さまは自粛生活を強いられ、気の合った仲間との楽しい時間も制約されるなど不自由な生活が続いています。町でもイベントや会議の中止、延期、縮小など感染拡大防止対策を実施していますが、来月からいよいよワクチンの投与が始まります。接種について詳しいことは、その都度お知らせしてまいります。
 人類は、幾多の困難を経験し克服してきました。感染が収まるまで、距離の確保、マスクの着用、手洗い等の新しい生活様式の実践、「密接、密集、密閉」の3密を避けての行動など引き続きご協力いただきますよう、よろしくお願いいたします。