小山町トップ / 町政情報 / 小山町紹介 / まちの仕事(やさしい各課紹介)

町政情報

まちの仕事(やさしい各課紹介)

やさしい各課紹介(キッズページ)

役場では、いろいろな仕事をしています。小山町役場を紹介します。

役場と富士山.JPG

役場本庁舎1階

会計収納課(かいけいしゅうのうか)

町の仕事に必要なお金の出し入れをしているところです。町で道路をつくったり、学校を建てたり、なおしたり、物を買ったときに、その代金をこの課で支払います。
また、町の税金や、水道料などもこの課へ納められます。

住民福祉課(じゅうみんふくしか)

新しく小山町に引っ越して来たときや、よその町に引っ越していくとき、また、赤ちゃんが生まれたときや、人が亡くなったときにはここの窓口へ届出をします。(小山町に今、何人住んでいるのかが、わかります。)

その他に、国民健康保険の仕事や(ケガや病気になったとき、安心して病院にかかれるように)、国民年金の仕事(年をとってからも安心して暮らせるように)もしています。

介護長寿課(かいごちょうじゅか)

お年寄りが安心して暮らせるように、生活をお手伝いするサービスをお知らせしたり、相談を受けたりしています。
また、介護保険の仕事(お年寄りが体をわるくしてしまったとき、安心して生活できるように)もしています。

税務課(ぜいむか)

小山町に住んでいる人や働いている人、小山町に土地や建物を持っている人、小山町にある工場や会社は町に税金を納めています。
税務課では、税金を多く納めすぎたり、少なすぎたりしないように計算をして、みなさんのお父さんやお母さんから税金をもらう仕事をしています。
この納めてもらった税金で、学校や道路などを作ったり、役場で働く人の給料を払ったりしています。

くらし安全課(くらしあんぜんか)

町が汚れて住みにくくならないように、ゴミを集めます。
また、うるさい音や、水のよごれなど公害についても調べます。犬の登録や狂犬病の予防注射もここでしています。

 

役場本庁舎2階 

こども育成課(こどもいくせいか)

小学校、中学校、幼稚園、保育園の建物をよくしたり、勉強の道具をそろえたりして、みなさんが勉強しやすいようにします。
また、みなさんが学校で受けている健康診断や給食の献立(こんだて)もここで決めています。

農林課(のうりんか)

田んぼや畑から、たくさんお米や野菜が取れるように、農家の人を応援します。農業がしやすいように、小さな田んぼを大きな田んぼにしたり、田んぼの水路や道を良くしたりします。
また、森林の保全のため、林道の整備などを行っています。

商工観光課(しょうこうかんこうか)

小山町にあるお店や工場が繁盛(はんじょう)するように、応援や手助けをします。
そして、金太郎まつりや足柄峠の笛まつりの支度(したく)をしたり、町の観光施設の管理をしたりしています。
それから、たくさんの人に小山町に来てもらえるように、小山町の宣伝もしています。

上下水道課(じょうげすいどうか)

きれいでおいしい水をいつでも飲めるように、水道の施設(しせつ)を新しくつくったり、なおしたりしています。
また、みなさんの家でどのくらいの水を使ったか調べて、水道の料金を納めてもらう仕事をしています。

それから、家庭や工場などから流れる使用済みの汚れた水をきれいにする施設(下水道)をつくったり、それをなおしたりしています。下水道は須走地区にあります。
上水道と同じように、下水道の使用料を納めてもらう仕事をしています。

建設課(けんせつか)

道路や橋をつくったり、それをなおしたりしています。
たくさん雨が降っても、川があふれたり、がけが崩れたりしないように、川の整備やガケであぶないところを直します。

それから、地籍(ちせき)の仕事といって、ここの土地が誰の土地か、書類や図面ですぐわかるようにしています。

都市整備課(としせいびか)

町の土地をどのようにくふうしたら、みなさんが便利で楽しく暮らせるかを考えています。
新しい住宅地を作り、公園や道路の整備をします。また、町営住宅を作ったり、直したりしています。

それから、家を新しく建てるときには、書類をここへ出します。

おやまで暮らそう課(おやまでくらそうか)

小山町の人口を増やすためのお仕事をしてます。
そのひとつに、近くの市町や都会から小山町に引っ越して住んでもらうように、小山町が持っている土地を販売したり、住むところを案内したり、「小山町に住みたい」という方々のお手伝いをしています。

また、町営住宅の維持・管理もしています。

もうひとつは、生まれる子供を増やす為に、結婚の相談をうけたり、婚活イベントを企画してます。イベント企画では、男女の出逢いの場所作りをしています。

オリンピック・パラリンピック推進局(おりんぴっく・ぱらりんぴっくすいしんきょく) 

東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会の「自転車競技ロードレース」の会場が、小山町にある富士スピードウェイに決まりました。
この大会を成功させるために、自転車競技について説明したり、大会をお手伝いしてくれる人を集めたりする仕事をしています。

役場本庁舎3階 

町長戦略課(ちょうちょうせんりゃくか)

町長さんや、副町長さんのスケジュールを管理し、その日どんな会議があるか、どんな人が会いに来るかなどを知らせます。また、町長から指示された特命(とくめい)事項を処理(しょり)します。
また、小山町をどのようにしたらみなさんが住みよさを感じ、幸せに暮らせるかを考えて、町づくりや町の仕事の計画を立てています。

その他に、小山町には自衛隊が訓練などに使っている広い演習場がありますが、この演習場が安全に使えるようにする仕事もしています。

シティプロモーション推進課(してぃぷろもーしょんすいしんか)

町の仕事についての意見を聞き、「広報おやま」や「おしらせ」、町の行事や学校の行事予定をお知らせする無線放送の仕事をしています。
また、町に住んでいる人や家族の数、町にある工場やお店、農家の数、働いている人の人数を調べてまとめる仕事(統計といいます)もしています。 

総務課(そうむか)

役場で働いている人の給料の計算をしたり、役場の建物の管理をしたりしています。それから、役場の仕事がスムーズにできるようにコンピューターの管理や指導をしています。そして、町で行っている建設工事が、予定通りちゃんと完成したか検査する仕事もしています。

それから、一年間に町にお金がどのくらい入ってくるのか、そしてそのお金をどのように使うかを計画する仕事をしています。(これを予算といいます。)

また、町の議会を開くための準備をしたり、いろいろな選挙ができるように準備したりします。

未来拠点課(みらいきょてんか)

町民が小山町で暮らし続けることができるように、工場や家を建てられる場所を作っています。できあがった工業団地に工場を建ててくれる会社を募集する仕事もしています。

そのほか、ホテルや観光施設をふやし、たくさんの人たちが小山町に遊びに来る元気な町をつくります。

役場本庁舎4階 

議会(ぎかい)

議会は、町長から出された町づくりの予算計画や、町の決まりなどを話し合って、町の仕事の方針や、決まり事を決めていくところです。
議員は町民の代表として4年に1回の選挙で選ばれます。

議会事務局(ぎかいじむきょく)

町には選挙で選ばれた13人の議員さんがいます。
その人たちが、町の仕事を決めるのに、1年に4回(3月・6月・9月・12月)議会を開いています。その議会の日程を決めたり、議員さんのお世話をしたりしています。


健康福祉会館 

健康増進課(けんこうぞうしんか)

健康福祉会館「ふじみセンター」には、健康課があります。

予防接種や各種健診などの仕事を行い、皆さんが健康に暮らせるようにしています。
また、体が不自由な人の生活を守ったりと、皆さんが幸せに暮らせるようにしています。


総合文化会館

生涯学習課(しょうがいがくしゅうか)

生涯学習センターには、生涯学習課があります。

約1,000人の人がコンサートなどを楽しんだりできる大ホール「金太郎ホール」 をはじめ、たくさんの会議室などがあります。

ここには、町立図書館や総合体育館などの施設もあり、皆さんが生きがいをもって、楽しい暮らしができるようにしています。また、文化財の保護や、NPOの支援も行っています。

防災課(ぼうさいか)

地震が起きてもあわてないで避難できるように訓練をしたり、避難するときに使うものなどを備えたりしています。

 

      

そのほか、足柄支所・北郷支所・須走支所や、保育園・幼稚園・小学校・中学校など、小山町にはたくさんの施設があります。

質問したいことがでてきたら、学校の先生や、役場の人に聞いてみてください!

問い合わせ

シティプロモーション推進課
電話 0550-76-6135