小山町トップ / 町政情報 / 広報・広聴 / 町長への手紙 / 138号線 高原上バス停の外灯について

138号線 高原上バス停の外灯について

1.手紙の内容

 日が暮れるとまるで何も見えないほどに暗く、バス(御殿場~河口湖)停に降り立つ時、大変怖いです。
 鹿も道端まで下りて来た事を2度経験しております。
 オリンピックの通りでもあり、外灯を是非とも設置お願いします。

 

2.手紙への回答   

 貴重な御意見をいただき、ありがとうございます。
 さっそく、現地で周辺の状況を確認いたしました。
 この箇所は、外灯が設置されておらず、地区住民の安全及び犯罪防止を図るためにも防犯灯の設置は必要であると考えます。
 そのため、須走上本町区区長に相談したところ、区から町へ防犯灯設置補助金の申請を提出し、設置をする方向で進めたいとの回答をいただきました。
 設置費用は、上本町区の負担となるため、設置場所については、バス停から少し下った国道138号線沿いの1本目の電柱に架設するかを検討するとのことです。(柱を新設で設置すると高額になるため)
 設置時期については、電柱に架設する場合、許可が得られなければ設置できません。
 時間を要しますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。

 

お問い合わせ

シティプロモーション推進課
電話:0550-76-6135