小山町トップ / 産業・まちづくり / 宅地分譲 / 優良田園住宅の事業化に向けた民間対話の事業者を募集します

優良田園住宅の事業化に向けた民間対話の事業者を募集します

町と協働して優良田園住宅の創出に取り組む民間事業者との対話を実施します

小山町が、平成30年2月に小山町優良田園住宅の建設の促進に関する基本方針に位置付けた「リバーガーデンタウンおやま宅地造成事業推進区域」について、民間参入への課題抽出と実現可能性の有無を、公募による対話で把握します。

このため、事業化に向けた率直なご意見、ご提案を伺うため、対話に協力していただける民間事業者を募集します。対話により実現可能性があると判断したエリアについては、改めて、町との事業協定を締結する事業者公募を行う予定です。

対象事業者

「リバーガーデンタウンおやま」事業区域(6地区のいずれか)での宅地造成・分譲を、自らが事業主体となって実行することができる民間事業者(単独または共同体)

事業箇所

地区名:竹之下上ノ原、大胡田、わさび平、用沢相野、中日向、奈良橋の6地区

fileリバーガーデンタウンおやま位置図.pdf

(共通事項)

市街化調整区域、優良田園住宅建設促進法に基づく基本方針に位置付け、ふじのくにフロンティア推進区域(宅地造成事業)、県開発審査会の付議基準14(優良田園住宅)、民有地

file小山町優良田園住宅基本方針.pdf

(個別状況)

対話事業者の募集

対話に協力していただける事業者の方は、11月14日(月)までにWeb申込みをお願いします。

 →申し込みフォーム

  • 受付後、町から日程調整し対話実施となります。(11月下旬までを予定)
  • 対話は、人口政策推進課職員と90分以内の意見交換となります。 

対話の主な内容

  1. 優良田園住宅基本方針、エリア状況の内容確認(インフラ、5条森林、農地、地形等)
  2. 各種許認可、事業可能な区域、事業採算性、想定される障壁など
  3. 行政と民間との役割分担(リスク分担)、参画のための前提事項など
  4. その他提案事項

問い合わせ先

小山町人口政策推進課

電話:0550-76-6159