小山町トップ / 健康・福祉・教育 / 健康・福祉・介護 / 不妊治療・不育症治療費助成制度

健康・福祉・教育

不妊治療・不育症治療費助成制度

不妊治療・不育症治療を行うご夫婦の経済的負担の軽減を図るため治療費の一部を助成します。   

令和4年4月から人工授精や体外受精など保険適用されこととなりました。小山町の助成金制度について、内容の変更はありません。(年齢制限・所得制限なし)

fileR4案内ちらし(不妊・不育).pdf

対 象

次のすべてに該当する夫婦

①夫婦の両方又は一方の住所が町内にある方

②夫婦が健康保険に加入している方

③夫婦に町税などの滞納がない方

対象治療費(保険診療・診療外問わず)

  • 不妊症・不育症治療に係る検査
  • 不妊症・不育症治療費

 転入前、転入後の治療に対する助成はできません。

助成内容

  治療に要した費用から保険者負担額(保険診療・保険診療外関係なし)から県の助成額を差し引いた額の半額で、1年度に1回 20万円を限度とします(100円未満の端数は切り捨て)。

 ただし、人工授精・男性不妊治療・町の指定する不育症治療に要した費用は7/10を助成します。(上限があります。)

 助成は5年度を上限として、5年度間継続でなくても助成します。     

★申請に必要な書類★

1.小山町不妊治療費助成金交付申請書(令和4年1月~様式が変更になっています。)

 file様式第1号交付申請書.pdf   file様式第1号交付申請書.docx

2.不妊治療受診等証明書又は不育症治療受診等証明書及び対象外費用内訳書

 file不妊治療証明書.pdf file不妊治療証明書.docx file(任意)対象外費用の内訳確認書.pdf

 file男性不妊治療証明書.pdf file男性不妊治療証明書.docx

 file不育治療証明書.pdf file不育治療証明書.docx

  

3.夫と妻の戸籍謄本又は戸籍全部事項証明書

4.夫と妻の被保険者証の写し

5. 不妊治療・不育症治療にかかわる領収書その他治療費の支払いを証明する書類

6.県の補助金をうけた人はその額を証明する書類(決定通知書)

7.保険組合等からの高額療養費や付加給付をうけた人はその額を証明する書類(決定通知書等)

 ※限度額適用認定証を利用された場合は、その旨を申請書提出時にお伝えください。

8. 事実婚の場合は、事実婚に関する申立書(届出をされていない方)

file様式第3号(第6条の6関係).pdf

9.印鑑  

申請期限

①不妊治療・不育症治療を行った日の属する年度の3月末日までに、健康増進課に提出してください。ただし、治療の終了日が1月から3月の場合は、終了日から90日以内

県の助成を受けた場合は決定から90日以内まで申請することができますが、3月中に提出ができない方は、電話にて健康増進課へご連絡ください。

上記期間を超えての申請はできません。ご注意ください。

静岡県特定不妊治療費助成制度

医療保険が適用されず、高額の医療費がかかる特定不妊治療に要する費用の一部を助成し、不妊治療にかかる経済的負担を軽減することを目的としています。

対象の治療法は、体外受精及び顕微授精(男性不妊治療を含む)です。

令和4年4月からの保険適用により、令和4年度は、助成制度の対象が変更となります。

http://www.pref.shizuoka.jp/kousei/ko-140/kokatei/funin1.html

※県の助成を受けるためには別途県への申請が必要となります。小山町の助成制度申請の前に、県へ申請をしてください。

  県申請先:御殿場健康福祉センター 電話0550-82-1222

    住所:御殿場市竃1113      

静岡県不妊・不育専門相談センター

   電話080-3636-3229 毎週火・木・土 10時~15時

   (火曜日は19時まで、年末年始及び祝日は除く)

   専門家による電話相談(無料)

 file令和4年度不妊不育専門相談センター事業のご案内.pdf

不妊治療と仕事の両立にお悩みの方へ

file不妊センターでの雇均部室リーフ.pdf

みんなで知ろう、不妊症・不育症のこと(厚生労働省リンク)

 

お問い合わせ 

健康増進課 

電話  0550-76-6668