小山町トップ / 町政情報 / 町長室 / 晴れ晴れ(町長のエッセイ) / より成長した自分になるために

より成長した自分になるために

 先月9日に、小山町成人式が金太郎ホールで開催されました。民法の改正により本年4月から成年年齢が18歳となりますので、「成人式」という形での開催は今回が最後ということになりました。
 成人を迎えられた皆様の中には、大学生も多くおられたと思いますが、私の学生時代は、友達をたくさん作ること、そして色々なアルバイトをやり、社会勉強をすることも進学する理由と考え、様々なことにチャレンジしました。今私があるのは、その頃の経験や知り合った多くの皆様のおかげと思っています。しかし、今の学生の皆様は、新型コロナにより学校に通うことや仲間と集まることなどもままならない状況となっており、長い人生の糧となる貴重な時期を有意義に過ごすことができず、本当に残念な状況に陥ってしまったな、と思っています。
 今後小山町では、20歳を迎えた皆様を対象に、「はたちの集い」という形で人生の一つの節目となる式典を開催していく予定です。お酒やたばこは従前どおり20歳からですが、18歳が成年年齢となりますと、親の同意を得ずに契約が締結できるなど自分の意志で様々な決定をすることが可能となり、社会人としての自立が求められます。
 旧態依然とした慣例等に捉われることなく、若者らしい視点、発想で、皆様が暮らしやすい素晴らしい未来を創るために、選挙権行使なども併せて、積極的な社会参加を期待します。