小山町トップ / 新型コロナウイルス感染症 関連情報 / 町内の新型コロナウイルス感染者の発生状況(令和4年7月5日現在)

町内の新型コロナウイルス感染者の発生状況(令和4年7月5日現在)

感染者情報【新着】

前月以前の感染者情報

町内における感染に関する推移

町長メッセージ

 町民の皆さん、事業者の皆さんにおかれましては、日頃から小山町の新型コロナウイルス感染症対策に多大なる御理解と御協力を賜り、心から感謝申し上げます。
 そのような中、本日、小山町役場本庁舎で発生した新型コロナウイルス感染事例が、静岡県からクラスターと認定されました。安心安全な住民サービスを提供しなければならない町役場での本事態の発生については、町長として大変重く受け止めております。
 状況は、3月2日に本庁舎1階の住民福祉部職員の新型コロナウイルス感染症への感染を確認してから、3月9日までに11名(本庁舎1階9名、2階1名、3階1名)の感染者数となっています。
 3月2日の感染者の判明以来、その都度、当該職員との濃厚接触者の確認及び周辺職員への簡易抗原検査の実施や手指消毒等の徹底を図ってまいりましたが、感染者数が増加したため、3月8日から9日にかけ、本庁舎1階に勤務する職員(43名)に対し、抗原定量検査を実施した結果、更に1名の感染者が判明しました。なお、これらの感染者の感染経路については、現在、調査中であります。

 この事態に対応するため、3月8日に各所属長を通じ、全ての職員へ次の事項を指示しています。

  1. 基本的なまん延防止対策(手指の消毒、職場内の換気、窓口のこまめな消毒、体調不良時の休暇取得)を徹底すること

  2. 本庁舎内の各部ごと、サテライトオフィスや週休日の振替等を活用し、3月11日までの間、出勤者(所属にいる人数)の削減に努めながら、業務を継続すること

  3. 職員及び庁舎内のまん延防止対策を徹底し、町民や来庁者の安全確保(まん延防止)に努めること

 これらの指示のほか、引き続き庁舎内の共用部分や窓口の消毒作業の徹底を図り、出勤者数の削減による一部の職員不在により、町民及び事業者の皆さんには御不便をおかけしますが、業務は可能な限り通常通り継続しています。
 状況としては、いまだ予断を許しませんが、職員の新型コロナウイルス感染症のまん延防止対策を再度周知徹底し、更なる住民サービス等の低下を招くことがないよう努めてまいります。
 町民や事業者の皆さんにおかれましては、引き続き、町の新型コロナウイルス感染症対策に御協力いただくこととなりますが、御理解のほど深くお願い申し上げます。

 3月10日 小山町長 池谷晴一