○小山町水道事業の業務に係る現金の保管限度額に関する規則

昭和36年3月20日

規則第6号

小山町水道事業の業務に係る現金のうち、地方公営企業法(昭和27年法律第292号)第27条第2項ただし書の規定に基づき、水道管理者が自から保管することのできる現金の限度額は、次のとおり定める。

(1) つり銭 1万円

(2) やむを得ない理由により指定金融機関に預け入れることのできなかったその金額

附 則(昭和42年6月30日規則第9号)

この規則は、公布の日から施行し、昭和42年4月1日から適用する。

小山町水道事業の業務に係る現金の保管限度額に関する規則

昭和36年3月20日 規則第6号

(昭和42年6月30日施行)

体系情報
第11編 公営企業
沿革情報
昭和36年3月20日 規則第6号
昭和42年6月30日 規則第9号