○小山町交通指導員服務規則

昭和48年6月15日

規則第9号

(目的)

第1条 この規則は、小山町交通指導員設置条例(昭和48年小山町条例第19号)第5条の規定に基づき、交通指導員(以下「指導員」という。)の服務に関し必要な事項を定めることを目的とする。

(任務)

第2条 指導員は、街頭における正しい通行指導並びに交通安全施設の監視、その他交通安全のための指導を任務とし、次の事項を行う。

(1) 主要交差点等、交通ひんぱんな道路における生徒、児童、園児等の登下校時の通行指導

(2) 一般歩行者、自転車の歩行者に対する正しい横断方法及び信号遵守等安全通行の指導

(3) 歩行者の安全通行及び緊急車両等の通行に直接支障ある場合の車両運転者に対する指導

(4) 町及び関係機関が行う交通安全教育並びに広報活動への協力

(5) 交通安全施設の破損、不備等を発見した場合の管理責任者に対する通報

(6) 火災等災害時における緊急車両及び通行者の安全確保のための通行指導

(7) その他町長が要請する事項

(街頭指導区域)

第3条 指導員の指導区域は、その者の居住地が属する小学校の通学区域内とする。ただし、町長の要請による場合はこの限りでない。

(勤務日及び時間)

第4条 指導員の勤務日は、毎月10日、20日、30日の交通安全の日及び交通安全運動実施日とする。ただし、町長の要請による場合はこの限りでない。

2 指導員の勤務時間は、前条に規定する担当区域の生徒、児童、園児の登下校時間帯とする。ただし、町長が特に必要と認める場合はこの限りでない。

(服装)

第5条 指導員の服装は、制服を着用し、身分証明書を携帯するものとする。

(補則)

第6条 この規則の定めるもののほか、必要な事項は別に定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(昭和60年6月10日規則第7号)

この規則は、公布の日から施行する。

小山町交通指導員服務規則

昭和48年6月15日 規則第9号

(昭和60年6月10日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第8節 交通対策・生活安全
沿革情報
昭和48年6月15日 規則第9号
昭和60年6月10日 規則第7号