○小山町無線放送施設の設置及び管理に関する条例

平成2年3月28日

条例第2号

(目的)

第1条 この条例は、小山町無線放送施設(以下「施設」という。)の設置及び管理運用に関し必要な事項について定めることを目的とする。

(設置)

第2条 東富士演習場における自衛隊等の演習及び危害防止の通報並びに町の広報活動及び緊急時の通報体制の充実を図り、行政の円滑な推進と町民の安全確保に資するため、施設を設置する。

(名称、種別及び位置等)

第3条 施設の名称、種別及び位置等は、次のとおりとする。

名称

種別

位置等

小山町無線放送施設

同報親局

小山町藤曲57―2小山町役場内

同報中継局

小山町菅沼1369―1三菱金属(株)構内

同報子局

小山町内24箇所

戸別受信機設備

住民基本台帳に記録されている世帯(同居世帯を除く。)、公的機関及び町長が必要と認めた場所

(通報の範囲)

第4条 施設により通報できる範囲は、次の各号に定めるものとする。

(1) 自衛隊等の演習及び危害防止に関する通報

(2) 各種災害情報及びその予報、注意報、警報、その他災害に関する必要な通報

(3) 人命、財産、その他住民の生活に重大な影響を与える場合、又はそのおそれがある場合の通報

(4) 行政についての周知又は協力を必要とする事項の通報

(5) その他前項に準ずる事項で、町長が必要と認める事項の通報

(利用の制限)

第5条 次の各号に該当するときは、施設を利用してはならない。

(1) 特定の政党の利害に関して利用し、又は選挙に関して特定の候補者を支持若しくは反対するために利用するもの

(2) 特定の思想、宗教を支持し、又これらの団体の活動や利害のために利用するもの

(3) 営利事業に関して利用するもの

(4) その他町長が不適当と認めたもの

(設置の申請)

第6条 第3条に規定する戸別受信機設備(以下「受信機」という。)の設置を受けようとするものは、町長に申請し、承認を得なければならない。

(維持管理及び費用の負担)

第7条 第3条に規定する同報親局、同報中継局及び同報子局設備は、町長が管理し、受信機は町長が貸与し、貸与を受けたもの(以下「利用者」という。)が維持管理をしなければならない。

2 利用者は、維持管理に要する経費を負担するとともに善良なる維持管理をしなければならない。

(届出の義務)

第8条 次の各号に該当するときは、利用者は、速やかに町長に届け出なければならない。

(1) 受信機を損傷、又は滅失したとき、若しくはそのおそれがあるとき。

(2) 住所を異動するとき。

(3) 建物の滅失等により、受信機が不要になったとき。

(損害賠償の義務)

第9条 施設を故意により損傷若しくは滅失したときは、これによって生じた損害を賠償しなければならない。

(委任)

第10条 この条例に定めるもののほか、必要な事項は、規則で定める。

附 則

この条例は、平成2年4月1日から施行する。

小山町無線放送施設の設置及び管理に関する条例

平成2年3月28日 条例第2号

(平成2年3月28日施行)