○小山町役場及び同支所における戸籍事務取扱規則

平成9年5月23日

規則第20号

(趣旨)

第1条 この規則は、役場(以下「本庁」という。)と同支所の戸籍事務取扱に関し必要な事項を定めるものとする。

(戸籍簿及び除籍簿の保管)

第2条 戸籍簿及び除籍簿(以下「戸籍簿等」という。)は、本庁において保管する。

(見出帳の保管)

第3条 戸籍簿等の見出帳の保管は、前条の規定に準ずる。

(備附帳簿)

第4条 戸籍法(昭和22年法律第224号)及び戸籍法施行規則(昭和22年司法省令第94号)並びに戸籍事務取扱準則(平成7年静岡地方法務局訓令第2号)に定める帳簿類は、本庁に備える。

(届書、申請書等の受理)

第5条 支所は、戸籍の届書、申請書等(以下「届書等」という。)を受けたときは、当該届書等を審査のため本庁へ模写電送装置により電送(以下「電送」という。)するものとする。

2 本庁は、支所から電送された届書等を審査し、適法と認めたときは受附番号を確保のうえ支所に電送する。

3 支所は、本庁から電送された審査済の届書等により、届書等の原本と照合し、受理する。

(受附帳)

第6条 支所で届書等を受理したときは、本庁において受附帳に登載する。

(支所名の表示)

第7条 支所は、受理した届書等に受附年月日を記載するほか、当該支所名を表示する。

(戸籍専用逓送簿)

第8条 前条の規定による表示を終了した届書等は、遅滞なく、戸籍専用逓送簿(別記様式)により本庁へ送付しなければならない。

(戸籍記載不要の届書等の保存)

第9条 戸籍の記載を要しない届書等は、本庁において一括保存する。

(書類の廃棄)

第10条 帳簿類の廃棄については、本庁において一括処理する。

(埋火葬の許可)

第11条 埋火葬の許可書は、死亡届又は死産届を受理した本庁又は支所において交付する。

(証明書等の交付)

第12条 戸籍謄、抄本及び証明書(以下「証明書等」という。)は、交付請求のあった本庁又は支所において交付する。

2 支所において証明書等を交付するときは、本庁から支所へ電送し、支所において証明のうえ交付する。

3 支所に戸籍法施行規則第66条第2項に基づく受理証明書の交付申請があったときは、支所において交付する。

(証明書等の報告処理)

第13条 支所の証明書等の交付に関する交付簿は、当月分を翌月6日までに本庁へ送付する。

2 支所の証明書等の交付に関する統計は、当月分を翌月6日までに本庁に報告し、本庁で集計のうえ処理する。

(通知等の作成)

第14条 戸籍法施行規則第65条に基づく簡易裁判所への失期通知の作成は、本庁において行う。

2 相続税法(昭和25年法律第73号)第58条第1項に基づく税務署長への通知書の作成は、本庁において行う。

3 人口動態調査令(昭和21年勅令第447号)第3条に基づく人口動態調査票の作成は、本庁において行う。

4 前3項のほか、他官公署に対する報告、通知等は本庁において行う。

附 則

(施行期日)

1 この規則は、平成9年6月1日から施行する。

(小山町役場支所処務規則の一部改正)

2 小山町役場支所処務規則(昭和31年小山町規則第6号)の一部を次のように改正する。

〔次のよう〕略

画像

小山町役場及び同支所における戸籍事務取扱規則

平成9年5月23日 規則第20号

(平成9年5月23日施行)