新着情報

足柄峠 笛まつり

news_event_fue_01.jpg

平安時代の武将で笙の名手である新羅三郎義光が、東北の戦場に向かう途中足柄峠に宿営した際、笙の秘曲を師匠の息子である豊原時秋に授け、託したとされる故事に由来し、足柄峠を挟む小山町と神奈川県南足柄市が共同で開催しているお祭りです。 昭和47年に始まり、毎年9月第2日曜日に開催されています。

足柄城址広場の領地争奪の両市町小学生による綱引き合戦も見ものです。