観光・文化

道の駅ふじおやま

道の駅ふじおやま.jpg

   小山町を南北に縦断する国道246号は、京浜と中京経済圏を結ぶ重要な路線であり長距離輸送路としての利用、また伊豆、富士、箱根等の観光地帯を控えていることから交通量が非常に多い状況にあります。(日量21,000台) しかしながら、主要幹線道路である国道246号では、ドライバーのためのサービス施設等の不足や、夜間における路肩駐車等の違法駐車などが課題となっていました。そこで、国道246号の休憩施設として「道の駅」を整備いたしました。

   小山町の「道の駅」は、富士山の裾野に位置する地理的な特性、地域を支える産業の特性などを活用して、地域情報の発信拠点として、また、地域の活性化を目指すとともに、国道246号を利用するドライバーの休憩施設です。

 平成26年11月1日小山ライオンズクラブより金太郎像が贈呈され、イベント広場に富士山を背に設置されました。

 

 道の駅ふじおやまHP