小山町観光情報トップ / 観光スポット(旧) / 冨士浅間神社(構成資産)

観光・文化

冨士浅間神社(構成資産)

冨士浅間神社   .jpg

  富士山須走口登山道で守護神で延暦21年(802年)の富士山噴火のとき、この地で鎮火の祭事を行ったのが起こりとされている古い神社です。境内は杉の大木に囲まれ、7月、8月の夏山シーズンには、富士登山の安全祈願をする登山客でにぎわいます。