小山町 町長室 おやまを導くらしんばん

らしんばん(町長のエッセイ)

地下食堂(2014年5月)

  小山町庁舎のロビーに障害者の就労の場として開設した喫茶「ポム」。2年も経つと2階、3階へのコーヒーの出前も板についてくる。

  役場の地下には建設当初から、カウンターつきの食堂厨房のスペースがある。使われることなく倉庫になっていたが、このたび、「ポム」と同じように社会福祉協議会へ食堂業務を委託した。連休明けにはオープンの運びだ。

  スタッフの訓練を兼ね、一足先に職員が利用を始めている。メニューは小さなおむすび2個付きのうどん・カレーうどん・カレー。状況を見ながらメニューも増やすそうだ。

  ワークホーム「アップル」の園生が入口で番号札配りや、配膳係を担当する。障害がある子供たちが学校を出て就職しても長続きしないケースが多いという。職場が求める仕事に対応しきれず、やめる道を選ぶのだという。

  食堂担当の園生は職員が掛ける声に笑顔で応えてくれる。ほほえましい光景で、こちらの心も温かくなる。支え、支えられて、長続きしてほしい。

込 山 正 秀

らしんばん一覧に戻る