小山町トップ / 町政情報 / 町長室 / らしんばん(町長のエッセイ) / リフレッシュ・温泉(2014年6月)

小山町 町長室 おやまを導くらしんばん

らしんばん(町長のエッセイ)

リフレッシュ・温泉(2014年6月)

 帰宅後に時間に余裕があると、あしがら温泉に行くことにしている。サウナに3~4回、露天風呂、そして内湯…。一日の疲れが癒え、頭の中も空っぽになる。たとえ僅かな時間でも、この上ない至福な時。明日の力への源泉だ。  泉質の評判はよく、昨年度は開設以来最高の利用者数を記録した。前年度より1万人増の11万7千人余。2月に大雪がなければ12万人を越えただろう。

 かつては町の直営だったが、近くに日帰り温泉がある中、お役所商法では競争には勝てない。民間委託を検討する中、足柄地区で商工会員が中心となった事業会社が誕生した。慣らし運転を兼ねた1年間の委託業務で慣らし運転し、昨年度、正式な指定管理者となった。

 生まれたばかりの会社を応援しようと、地元の人々が立ち上がり、農産物の直売が始まった。今はまだ時折ではあるが、入口通路に商品が並ぶ光景は、さながら朝市だ。人々がアイデアを出し合い、試行錯誤を重ねている。新たな魅力が生まれる予感がする。地域活性化に結び付く賑わい創出に期待が膨らむ。 

込 山 正 秀

らしんばん一覧に戻る