小山町トップ / 町政情報 / 町長室 / らしんばん(町長のエッセイ) / オスプレイ搭乗によせて

小山町 町長室 おやまを導くらしんばん

らしんばん(町長のエッセイ)

オスプレイ搭乗によせて

 オスプレイ体験搭乗の案内を受けた時、小山中学校のテニスコートに砲弾が落下した昨年7月の事件が頭をよぎった。大事には至らなかったものの、由々しき事態だった。

 オスプレイの東富士演習場での訓練は、関係団体で協議を重ね、2年前に認めた。飛行ルートになっている小山町としては、公共施設・住宅地の上空を飛行する事は何としても避けてもらわねばならない。

 小山中学校の事件後、町民の安全・安心の確認のために、一度搭乗して上空からの様子を直接確かめたいと考えるようになった。今回の招待は私にとって、いい機会であり、断る理由はなかった。

 搭乗当日は小山町の上空は飛行せず、駿河湾上空での旋回ルートだった。500フィート上空から眼下の様子はしっかり確認できた。飛行ルートの順守はできると確信した。

 搭乗後、隣の市からマスコミを通じて批判が続いた。私には首長として町民の安全・安心を守る責務がある。扉を閉ざすのではなく、開いてこそ聞こえ、気付けることがある。安全・安心のため、何をすべきか、何ができるか、考えていきたい。

らしんばん一覧に戻る