小山町 町長室 おやまを導くらしんばん

らしんばん(町長のエッセイ)

年頭のごあいさつ

新年おめでとうございます。

 町民の皆様には、希望に満ちた新春をお迎えのことと、心からお慶び申し上げます。   昨年を振り返りますと、私は4月の町長選挙において町民の負託をいただき、2期目の町政運営を担わせていただくことになりました。そして、政策提言に掲げた「金太郎のように力強い経済」、「金太郎のようなたくましい子どもが育つ住環境」、「金太郎のような元気を支える福祉」の実現に向けて取り組んでまいりました。

 「金太郎のように力強い経済」では、東名高速道路や新東名高速道路へのスマートインターチェンジの整備に合わせて、(仮称)小山パーキングエリア周辺、湯船原、足柄サービスエリア周辺の三つの拠点に、災害に強く、地域の特性を活かした魅力ある産業集積の形成に取り組んでおります。昨年は、湯船原地区新産業集積エリアの造成事業基本協定や、足柄サービスエリア周辺地区開発事業に関する開発協定の締結などを行い、着実に事業推進が図られているものと考えております。

 「金太郎のようなたくましい子どもが育つ住環境」では、定住・移住を促進するため、宅地分譲や移住体験ツアーなどの定住促進事業のほか、婚活支援事業などにも力を入れてまいりました。

 「金太郎のような元気を支える福祉」では、健康福祉会館を健康づくりの拠点としてリニューアルを進めているほか、お達者度向上プロジェクトの推進など、高齢者が自立していきいきと暮らせる環境の整備に取り組んでいるところであります。また、防災日本一のまちづくりを進めるため、国の民有林直轄治山事業と協力し山林の災害対策を進めているほか、万が一の災害に備え、企業やゴルフ場、他の地方自治体との災害時支援協定の締結を進めております。 

 こうした中、町民の皆様と協働でまちづくりを進めていくためには、まちづくりに向けた共通のルールが必要になることから、町民の皆様にも参画していただき、「小山町自治基本条例」を制定いたしました。 

 今後も、自治基本条例の目的でもある、「富士山頂のあるまち」、「金太郎生誕の地」にふさわしい、元気で、明るく、豊かな地域社会の実現に向け、全力で取り組んでまいりますので、町民の皆様には引き続きご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げるとともに、本年が、町民の皆様にとりまして素晴らしい年になることを心から祈念いたしまして、年頭の挨拶とさせていただきます。


 

らしんばん一覧に戻る