小山町 町長室 おやまを導くらしんばん

らしんばん(町長のエッセイ)

雑感

 知り合いの会社から、今月も冊子を頂いた。

 届き始めてから、かれこれ10年以上になるだろうか。

 一昨年に社長が交代してからは、朝礼の訓示の抜粋が一緒に入ってくるようになった。これがなかなか言い得て妙なのだ。 

「一流になれない人の3つの習慣は、『物事を先送りにする』『絶対的な努力の量が足りない』『自分への期待度が低い』というものだそうだ」

 「現場の空気はリーダーが作り出すもの。明るい元気な先手の挨拶。部下は上司を見ている。上司は自らの姿勢で職場の空気を変えていこう」

「ベストを求めず、徹底的にベターを追求する。時間をかけて期日当日に完璧な書類を提出するよりも、たたき台になる書類を大至急提出したほうが喜ばれる」等々、そして毎回最後に、毎週の朝礼で社員と自分に対して課題を投げ掛けていますと結ばれている。

 会社を思い、社員を思う。自分も社員も同じ目線で同じ目標に向かう―。幾つになっても教えられる事が多い。

 

らしんばん一覧に戻る