小山町トップ / 町政情報 / 町長室 / らしんばん(町長のエッセイ) / 2020年、東京(2013年10月)

小山町 町長室 おやまを導くらしんばん

らしんばん(町長のエッセイ)

2020年、東京(2013年10月)

 7年後の2020年、東京オリンピックが開かれる。去る9月8日の国際オリンピック委員会で決まった。テレビも深夜から中継していた。日本中が祈る思いでこの瞬間を待ち望んでいたことだろう。

 日本はさまざまな形で五輪をとらえ、7年先に向かって走り始めた。障害者スポーツのパラリンピックが同時に開催される意義も大きい。東京が世界一のユニバーサルデザイン都市に生まれ変わることを期待する。

   アテネ、北京と五輪に2大会連続出場し、活躍したバレーボールの杉山祥子選手は、わが小山町出身だ(ちなみに娘の同級生である)。第2、第3の選手が小山町から誕生するのも夢ではない。「夢はかなう」。次代の担い手の皆さん、目標に向かい、頑張っていただきたい。

   先日、町内最高齢者の長藤さんをお訪ねした。五輪の話題になると、目を輝かせて「私もあと7年長生きをして、オリンピックを見させていただくだ」。人生の大先輩にもまた一つ、目標ができたようだ。

込 山 正 秀

らしんばん一覧に戻る