小山町 町長室 おやまを導くらしんばん

らしんばん(町長のエッセイ)

お隣さん(2013年3月)

 小山町と神奈川県南足柄市は県境の町として、そして「我が地こそが金太郎の生誕の地」という思いを持ち、友好的かつ主張し合いながら交流を重ねてきた。

 昨年、南足柄市の「金太郎夏祭り」に、正副議長とともに招かれた。私は「金太郎の生誕の地、小山町から来ました」と挨拶した。すると真田議長が「うちの金太郎が遊びに来てご迷惑をお掛けしました」と続き、最後は鷹嶋副議長が「金太郎の実家の菩提寺の住職です」と締めた。いま振り返っても、抜群の連携だった。

 神奈川県副知事からは「金太郎の生誕の地からよくお越しくださいました」と歓迎の言葉をいただいた。南足柄市も兜(かぶと)を脱いだようで、今では小山町が「金太郎生誕の地」、足柄山の向こうの南足柄市が「金太郎のふるさと」と住み分けができた。

 昨秋の足柄峠笛まつりの折、南足柄市の皆さんと「きんたろう議会」を開催しようと意気投合した。去る12月に小山町、南足柄市の全議員と当局三役らが小山町の議場に勢ぞろいし、両市町の友好と発展に向け議論を交わした。

 金太郎が結んだ縁。お隣同士、真摯に議論を重ね、共に元気で活気のある地にしていきたい。

    込 山 正 秀

(「広報おやま」2013年3月号)

   

らしんばん一覧に戻る