小山町トップ / 町政情報 / 町長室 / らしんばん(町長のエッセイ) / 旧交、ふたたび(2012年8月)

小山町 町長室 おやまを導くらしんばん

らしんばん(町長のエッセイ)

旧交、ふたたび(2012年8月)

 去る7月22日、小山球場で少年野球の「北郷ファイターズ」が岡山県勝央町の「勝央ボーイズ」と交流試合をした。

 勝央町とは金太郎の縁で昭和48年に姉妹縁組を結んだ。両チームは平成4年、5年に相互に訪問試合をしているので、20年ぶりの対戦となった。

 勝央町で昨年開かれた「金時祭」の歓迎レセプションに出席したわが町の桜井議員は、勝央町の村上議員と固い握手を交わした。実はこの二人、20年前に両チームの世話役として出会い、今回、議員として再会を果たした。写真を手に、思い出話に花が咲いたようだ。そして、当時の感動を現在の子供たちにも味わわせたいという互いの想いが重なり、町制100周年を機にチームの交流を再開した。

 試合後の懇親バーべキューで、子供たちは旧知の仲のように打ち解け、よく食べ、よく笑った。腹ごしらえができると、いくつかの集団となって外を飛び回った。

 見守る側にも20年前の少年野球選手がいた。立派な青年となったいま、優しい眼差しで少年たちの姿を追っていたのが印象的だった。

込 山 正 秀

(「広報おやま」2012年8月号)

      

らしんばん一覧に戻る